「南京事件はなかった」杉田水脈がマスコミ禁止講演会で本心を語る
「南京事件はなかった」杉田水脈がマスコミ禁止講演会で本心を語る  livedoor
(出典:livedoor)


杉田 水脈(すぎた みお、1967年4月22日 - )は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員(2期目)。新しい歴史教科書をつくる会理事。鳥取大学農学部卒。 兵庫県神戸市垂水区生まれ。親和中学校・親和女子高等学校を経て、1990年、鳥取大学農学部林学科卒業。同年4月積水ハウス木造(1995年に
56キロバイト (7,443 語) - 2018年10月6日 (土) 12:49



(出典 pbs.twimg.com)



1 ガーディス ★ :2018/10/07(日) 13:15:20.24

週末の政治
原稿載せた『新潮45』が休刊

安倍首相の後ろ盾があれば何を言っても許されるのか

自民党上層部から禁じられているのか、「SNSでの発信はできない」と語ったが、講演では饒舌だった
「(広島で講演した際)会場の皆さんに『(豪雨の被害は)大丈夫ですか』と問いかけますと、『あなたが大丈夫ですか』と。フフフフ。ご心配をおかけしておりますけど、見ての通り、ワタクシ大丈夫でございます!」

 登壇した杉田水脈(みお)衆議院議員(51)がそう挨拶すると、会場に詰めかけた聴衆は拍手喝采。彼女は満面に笑みを浮かべ、滔々(とうとう)と自説を語り始めた――。

『新潮45』掲載の記事「そんなにおかしいか『杉田水脈』論文」が大炎上している中、発売翌日の19日、渦中の代議士の姿が東京・文京区にあった。

 区内のホールで開かれた講演会のタイトルは、〈外務省目覚めよ! 南京事件はなかった〉というもの。’37年に起きた南京大虐殺については様々な議論があるものの、事件そのものが"なかった"とは、驚くべき過激な講演である。

「主催は『南京戦の真実を追求する会』という団体です。杉田議員の他に原田義昭衆議院議員(自民党)や中山成彬衆議院議員(希望の党)も講演を行いました。会場は約300人の聴衆でほぼ満員。ほとんどが中高年の男性でしたね。杉田議員の講演の前には、『マスコミの傍聴はお断り。撮影・録音、ネットやSNSのアップもすべて禁止です』と厳重な注意がありました」(傍聴したジャーナリストの鈴木エイト氏)

 司会者から「あらゆる問題に切り込む若手で期待されるナンバーワン」と持ち上げられて登壇した杉田議員のテーマは〈国際社会は南京事件をどう見ているか〉。悲劇を忘れないようにと、中国系カナダ人の間で南京事件の記念日制定の動きがあった事案を紹介した上で、「皆さんに一緒に戦っていただきたいと思っています」と結んだ。

「約25分間の講演のなかで、『新潮45』騒動への直接の言及はありませんでした。ただ、いまも彼女が『新潮45』に寄稿した論文『「LGBT」支援の度が過ぎる』に自信を持っているのは間違いないと思います。というのも、当日、会場では記事のコピーが来場者全員に配られましたからね」(前出・鈴木氏)

「そうだそうだ!」という支援者からの合いの手に気を良くしたのか、講演では、こんな"本心"を明*場面もあった。

「杉田水脈はレイシストだ、テロリストだと言われてまして。(講演を開こうとすると)会場を貸すのを断られる。世界中でこういう工作がなされている」

「反日の人たちがホントに手強い」

「しっかりと真実を発信させていただくという姿勢には変わりありません」

 私は正しい。批判をしているのはみんな反日だ――そんな彼女の胸の内が透けて見えるかのようだ。

 政治ジャーナリストの角谷浩一氏が断ずる。

「政治家は本来、異なる意見の人とこそ議論を戦わせるもの。しかし杉田議員は、自分の支持者・理解者のもとにしか行かない。この傾向は、杉田議員だけでなく、自民党の若手議員の間で顕著になっています。トップである安倍首相自身が、シンパだけを近づけ、反対派を遠ざけていますからね。みんなその姿を真似し、正しい政治家像を見失っているのです」

 支持者におだてられ、迎合しているだけでは、政治家とは言えないのである。

9月25日、新潮社への抗議デモには100人超が詰めかけ、杉田論文を掲載した『新潮45』は休刊に
杉田議員が登壇した講演のパンフレット。開会に際し、会場では国歌斉唱と皇居遥拝が行われた。

http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15410837/

(出典 www.yomiuri.co.jp)


(出典 image.news.livedoor.com)


★1)2018/10/07(日) 12:05:48.92
前スレhttp://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1538881548/





スポンサードリンク




 

 
18 「NHK」「朝日」「文春」などの反日マスコミ揃って杉田水脈の“人権蹂躙”! :2018/10/07(日) 13:18:53.82

>>1
この問題について、まったく許せないのは、NHK、朝日新聞、週刊文春、
地元の神戸新聞といったメジャーなマスメディアが信じがたく酷い人権侵害を、
杉田氏や家族に行い、「身の安全」すら“危惧”されるようにしたことである。


『NHK』は8月3日ニュースウォッチ9で「LGBTが生きる価値はないという杉田発言」
というような放送を、相模原の施設での大量殺人事件とからめてした。

これを受けて、杉田氏の家族に危害を加える脅迫がされる事態になっている様だが、
「LGBTが生きる価値はない」というような趣旨にどう読んだらなるのだろうか?


『朝日新聞社』が運営しているAERAオンラインでは、
杉田議員のいかにも人相の悪そうな写真を選び出して掲載し、
「幸せに縁がない」人相だという観相学の専門家の記事を載せた。

容貌をもとに、このような“人格攻撃”をするとはあきれ果てた仕業だ。
さすがに、朝日新聞も慌てて、即刻、“お詫び記事”をネット上で出したが、
本来なら新聞紙上でも不祥事として取り上げるべきものだろう。


『週刊文春』は杉田氏について“育児丸投げ”と書いて広告の見出しにもしたが、
娘が小学生のときは普通に共働き世帯としての子育てをしていたが、
12歳のときに西宮市役所を辞めて政治家になったので、実家に住ませて、
実父母に預けつつ、会期中も週末に選挙区に帰る度に会っていたというのだが、
これのどこが“育児丸投げ”なのか?

これでは、同様のお母さんたちは「週刊文春」公認で
育児をなにもしなかったと罵声を浴びせられることになるが、いいのか?
生産性うんぬんは誤解を招きやすそうというだけだが、
こっちは、本物のスキャンダラスな決めつけだ。


『神戸新聞』は、杉田氏が市役所時代に市民と取っ組み合いになりかかった
と非難したが、私が聞いている事実はこうだ。

保育所民営化を議論する健康福祉委員会で、中核派の活動家を支援するために、
全国から仲間が集まり、傍聴席に座わり、ヤジを飛ばしていたので、
係長だった杉田水脈が傍聴席に「ヤジは辞めてください!」と注意した。

すると、委員会終了後、傍聴席にいた活動家に囲まれ、
「お前はなんの権限があってあんなことを言ったんだ!」
「ルールを守らないから注意したのみ」「なんだと!貴様!」と、
掴み合いになりそうなところを上司に押さえられたという事件のことらしい。

あとで、共産党系の労組から、「あれは中核派やから相手にしたらあかん」
といわれた事件で、以前から“武勇伝”として知られていたものである。

もともと杉田氏が政治を志したのは、市役所のこうした長いものに巻かれろ式の
弱腰の事なかれ主義に反発して、行政改革を標榜していた江口克彦参議院議員
(当時みんなの党)に相談したのがきっかけと聞いている。

こういうのを地元の事情をよく知る新聞が否定的に取り上げて、
リンチするだからあきれたものだ。
あたかも、一般市民が相談か何かにきたのに暴力を振った様な印象になっている。
神戸新聞は蓮舫事件の時は、二重国籍など赤信号無視程度の事と書いていたそうだ。

【徳島文理大学 教授 八幡 和郎】http://agora-web.jp/archives/2034089.html (MD2057)


29 『杉田水脈』を“なぜ”「反日左派勢力」はそんなに“怖れる”のか? :2018/10/07(日) 13:19:41.10

>>1
杉田氏は「これは理不尽だ!」と感じるテーマに損得抜きに突っ込んでいく。

その原点は、西宮市役所に勤めていた時に、「一般市民」と称する
“プロ市民”の「我が儘」な“要求”に「事なかれ主義」で抵抗せず、
要求をのんでしまう「組織のふがいなさ」への“憤慨”にあると思う。


市議会の傍聴席で騒いで圧力を掛ける極左活動家との「取っ組合い寸前」
の言い争いは、いかにも“義侠心”あふれる「正義感」の彼女らしい。

杉田氏の思想を、保守権力への迎合という人もいるが、
正論を貫かず、声が大きい一部の市民の不当な要求に
すぐ屈してしまう権力への怒りなのだから、
ある意味で、「権力」に最も“厳しく”「対決」しているのである。


それは、また、“行政改革”への「強い情熱」にもつながってくる。
ただ、無謀にも「突撃スタイルでまず行動」という形にもなってしまう。

だから、国連など国際的な会議やイベントに出席して、慰安婦問題等で、
そんな得意でもない英語やフランス語で、日本の立場を訴えたりもする。


BBCの取材に、ほかの誰もいやがって引き受けない役割を引き受けて、
伊藤詩織氏の訴え(の矛盾や欺瞞)に、無謀にも反論したりもした。

ただ、そこで思い込みだけで一方的な意見を言うのでなく、
いろんな意見に対して、率直に反応もするし、固執するわけでもない。


私が、杉田氏を高く評価するようになったのは、こうした現場主義と、
「主義主張」や「損得」に“こだわらない”柔軟な発想と現実性である。

実際、偽リベラル勢力は、本当に「杉田水脈」を“怖れている”ようだ。
どうしてなのかといえば、やはり、
杉田氏のこれまでの政治家とは異質の「突破力」が“怖い”のだと思う。


あえていえば、杉田氏は「アニメのヒロイン」のような人だ。
それでもって、あれこれ損得や揚げ足とられる事を怖がらずに攻撃してくる。

若い人に対するアピール力もあれば、普通の結婚をして子供もいて、
庶民的というのでは、(反日左派勢力の)警戒すべき存在なのだろうと思う。


しかし、その新しさは、味方であるはずの伝統的な保守層にとって、
とまどいと警戒の種にもなる。

自民党の中で、なんでも安倍首相に近い人物がたたかれていると嬉しくなって、
便乗する、本来、擁護しても良いはずのもっと保守的な人の中から、
この際、叩いておこうという動きがあるのは「思慮深くて」本音を表現できずに、
我慢している人たちの杉田氏への一種の“嫉妬”なのかもしれない。


いずれにしても、杉田氏に対して、その持ち味を失って欲しくないし、
そういう人が存在を許してこそ、日本という国も各政党も活力が保たれるのだと思う。

【徳島文理大学 教授 八幡 和郎】http://agora-web.jp/archives/2034163.html (MD2057)


39 【デヴィ夫人】『杉田さんの発言は政治家として正しいと思いますよ』 :2018/10/07(日) 13:20:30.57

>>1

★☆★『LGBTであること自体が生産性がないとは断言してない杉田水脈』★☆★


杉田水脈氏の月刊誌への寄稿をめぐり、バッシングが続いているが、
「性的少数者の権利拡大」を“絶対善”とし、反対論を封*る
『LGBT至上主義』の広がりと、その危険を感じる。


寄稿の中で、特に問題となっているのは次の部分だ。
「彼ら彼女らは子供を作らない、つまり『生産性』がないのです。
そこに税金を投入することが果たしていいのかどうか」

冷静に読めば分かるように「生産性がない」とは、
“同性カップル”からは「子供が生まれない」という意味だ。


LGBTであること自体に生産性がないという事を言っているのではない。


つまり、“有性生殖”という「生物学上の事実」を“指摘”し、
それを前提にした「夫婦の関係」と子供ができない「同性カップルの関係」を、
「行政」が“同等”に扱おうとする動きがある事に「疑問を提起」したのだ。


子供を生むことを「生産性」という“経済用語”で言い表すことが、
適切かどうかという点については議論があってもいい。

寄稿にはもう少し丁寧に説明すべきだったと思われる部分もある。

たとえそうであっても、家族法の専門家たちが子供を生み育てることを、
「再生産(リプロダクション)」という言葉を使って言い表し、
その機能については「再生産機能」と呼んでいることを考慮すれば、
杉田氏に対するバッシングは“異様”である。


多様性を認める社会とは、違った意見に耳を傾ける“寛容”な社会である。
LGBT支援運動も「多様性」を“尊重”する社会の実現を標榜している。
その大義名分と真逆の杉田氏に対する“排他的姿勢”は容認する事はできない。


LGBTに対する「支援派」と「反対派」の主張の“違い”を突き詰めれば、
子供が生まれる可能性のある男女の関係を、他の関係よりも特別な関係、
つまり「夫婦」として保護する現在の婚姻制度を続けるのか、
それとも、“性的多様性”を前提に、「同性婚」なども容認するのか、
というところに、最終的に行き着く。

そこには、「近親婚」の“是非”についても入ってくるであろう。
その“危険性”を指摘した杉田氏の方がむしろ「常識的」なのである。


これに対し、デヴィ夫人は「政治家としては言ってもいいと思いますよ」
「生産性ないわよ。だって子供産めないじゃないですか。
ほとんどのカップルは養子養女迎えてないから、生産性ないっていう、
これも正しいと思う」「子供作らないっていうのは生産性ないじゃないですか」
・・・などと、杉田議員を擁護していた。
(MD2057)


48 松本人志「杉田さんはそんなにおかしな事は言うてなかったんですけど」 :2018/10/07(日) 13:21:18.62

>>1
この1年間で「LGBT」がどれだけ報道されたのか違和感を覚えざるを得ません。
LGBTだからと言って、実際そんなに差別されているものでしょうか?

もし自分の男友達がゲイだったり、女友達がレズビアンだったりしても、
私自身は、気にせず付き合えます。

職場でも、仕事さえできれば問題ありません。
多くの人にとっても、同じではないでしょうか。


そもそも日本には同性愛の人達に対して「非国民だ!」という風潮はありません。

一方で、キリスト教社会やイスラム教社会では、同性愛が禁止されてきたので、
白い目で見られてきて、時には迫害され、命に関わるようなこともありました。

それに比べ、日本社会では歴史を紐解いても、その様な迫害の歴史はありません。
むしろ、寛容な社会だったことが窺えます。

どうしても日本のマスメディアは、欧米がこうしているから日本も見習うべきだ、
という論調が目立つのですが、欧米と日本とでは、そもそも社会構造が違うのです。


T(トランスジェンダー)は「性同一性障害」という障害なので、これは分けて考えるべきです。
自分の脳が認識している性と、自分の体が一致しないというのは、つらいでしょう。
医療行為として行くのか、それは政治家としても考えていい事なのかもしれません。

しかし、思春期の不安定な時期にトランスや同性愛を煽って、普通に恋愛・結婚できる人まで、
性自認や性指向を混乱させることは、不幸な人を増やすことにつながりかねません。


最近はLGBTに加えて、Qとか、I(性の未分化の人や両性具有の人)とか、
P(性別の認識なしに人を愛する人)とか、もうわけが分かりません。
なぜ男と女、二つの性だけではいけないのでしょう?

オーストラリアやニュージーランド、ドイツ、デンマークなどでは、
パスポートの性別欄を男性でも女性でもない「X」とすることができます。

フェイスブック・アメリカ版では58種類の性別が用意されています。
もう冗談のようなことが、本当に起きているのです。


多様性を受け入れて、様々な性的指向も認めよということになると、
同性婚の容認だけにとどまらず、例えば兄弟婚を認めろ、親子婚を認めろ、
それどころか、ペット婚、機械と結婚させろという声が出てくるかもしれません。

現実に海外では、そういう人たちが出てきています。
どんどん例外を認めてあげようとなると、歯止めが効かなくなります。
自分の好きな性別のトイレに誰もが入れる様になったら、世の中は大混乱です。


「LGBT」を取り上げる報道は、こうした傾向を助長させる事にもなりかねません。
むしろ、冷静に批判してしかるべきではないかと思います。

「常識」や「普通であること」を見失っていく社会は「秩序」がなくなり、
いずれ崩壊していくことにもなりかねません。
私は、日本をそうした社会にしたくありません。

【『新潮45』2018年8月号 杉田水脈『「LGBT」支援の度が過ぎる』】(MD2057)


49 名無しさん@1周年 :2018/10/07(日) 13:21:28.64

>>1
その時、国民党の軍司令官って何やってたのお~?www


55 「障害者」や「傷病者」の支援策は“必要だ”と説いた『杉田水脈』! :2018/10/07(日) 13:22:03.83

>>1

日本では「基本的人権」が保障されています。 性別や年齢に関係ありません。
LGBTの人たちにも当然、保障されています。

    この上で、  「 L G B T の 権 利 を ! 」  というのは、
    『LGBTの特権』 を “さらに認めろ!” という主張になります。


地方自治体には、対応しなければならない課題が山積しています。
そんな中で『LGBT特権』は人手を割いて優先的に取り組む程の重要な課題でしょうか?


   普通の生活が保障されてもできない人のための支援策は必要です。
   (障害者の方や病気にの方の支援策など) それ以外は不要です。


   もっと、「一般の市民の方々の生活に直結する問題」 で、
   “やらなければいけないこと” が、たくさんある はずです。

   「優先順位」 のつけ方が、“間違っている” としか思えません。


LGBTの人たちを差別するつもりは全くありません。

自分たちの生活を謳歌していただければいいし、
幸せな人生が送れるよう、がんばっていただきたいです。


【元『日本のこころを大切にする党』(現自民)所属 衆議院議員 杉田 水脈】
http://blog.livedoor.jp/sugitamio/archives/8107881.html

(MD2057)

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓


 > 「フランスには同性愛の問題より優先事項があります。
 > 僕自身も同性カップルですし、この面では多くの前進がありました」

 > 「ただ僕にとってもっと差し迫った問題があります。
 > 経済とか、国の借金、失業問題とかです」とセドリックさんは説明する。

 > 世論調査では、フランスの利益を最優先する公約を掲げるFNは、
 > いま多くの人が認める以上に、LGBTの人達に人気がある。

 > 「ホーネット(Hornet)」によると、調査した3200人の同性愛フランス人男性の内、
 > 5人に1人は同性愛者の結婚の廃止を掲げるル・ペン氏に投票すると話した。

 > 2015年の地方議会選挙直後の他の世論調査によると、
 > 一般市民よりも同性愛の既婚男性の間でFNは人気があった。

【『フランスのゲイはなぜ極右政党に投票するのか』“BBC News”2017年04月20日】
http://www.bbc.co.uk/newsbeat/article/39641822/why-gay-french-men-are-voting-far-right


『杉田水脈議員への抗議運動へ参加してゲイの僕が思ったこと』
 https://www.you☆tube.com/watch?v=PQ3QUXgaM_Y
.


57 名無しさん@1周年 :2018/10/07(日) 13:22:13.38

>>1
9月23日 拉致被害者の集会
ニヤけて挨拶してるの杉田だけ
生きるか*かの手術中にニヤけた顔で駆けつける遺産目当ての親族みたい

(出典 Youtube)


2 名無しさん@1周年 :2018/10/07(日) 13:15:41.76

http://japan.hani.co.kr/arti/politics/31664.html
社説・コラム
ハンギョレ21
済州4・3事件
KOREANHANKYOREH
ENGLISHHANKYOREH
CHINESEHANKYOREH
全体 > 政治•社会
“慰安婦”被害者を侮辱した順天大教授、法廷拘束
登録:2018-09-18 22:22 修正:2018-09-19 07:50
光州地方裁判所順天支所、名誉毀損認め懲役6カ月を宣告 
「回復不能な傷をつけても、反省どころか責任回避」

【画像】順天平和ナビ(蝶)などの市民団体が昨年9月、順天大のS教授を名誉毀損の疑いで検察に告発した=順天平和ナビ提供//ハンギョレ新聞社

 講義中に日本軍「慰安婦」被害者を侮辱する発言をした順天大教授が、懲役刑を宣告され法廷拘束された。
 光州(クァンジュ)地方裁判所順天(スンチョン)支所は18日、「慰安婦被害者の名誉を傷つけた容疑で起訴された順天大学のS教授(55)に懲役6カ月を宣告し法廷拘束した」と明らかにした。
 裁判所は「S氏は、大学教授として学生たちに虚偽の事実を指摘し、すでに大きな被害を被った高齢の被害者を侮辱し、回復しがたい傷を負わせた」として、起訴事実を認定した。
続けて「自身の誤りに対し全く反省せずに、責任を回避しようとしており、これに相応しい処罰が必要だ」と量刑の理由を明らかにした。先月23日に1審の宣告を受けたS教授は、光州地方裁判所に直ちに控訴した。
 S教授は昨年4月、順天大学物理教育学科の学生14人を相手に講義している間、「慰安婦」強制動員被害者を侮辱する発言をし、厳しい視線を浴びた。
彼は「私が見るに、実はおばあさんたちはよく知った上で行ったのだ。日本に狂ったあの連れて行かれた女たちも、みんな芸があったからついて回ったんだ」と話した。
 この発言が知らされると、「順天平和ナビ(蝶)」などの市民団体は昨年9月、名誉毀損の疑いでS教授を検察に告発し、大学には罷免を要求した。
彼は昨年10月、全国的に非難が高まり、順天大学から誠実義務と品位維持義務に違反したとして罷免された。
罷免に従わなかったS教授は、1月に教員請願審査委員会に再審を申請したが棄却されると行政訴訟を起こした。
アン・クァノク記者 (お問い合わせ japan@hani.co.kr )
http://www.hani.co.kr/arti/society/area/862536.html
韓国語原文入力:2018-09-18 20:08、、、、、、


3 名無しさん@1周年 :2018/10/07(日) 13:15:45.30

太平洋戦争中の1942年2月に日本軍がシン ガポールの戦いの際、
約1ヶ月にわたって「親連合国」と目された一部 の中国系住民を殺害したとされる事件。
中国語では粛清 (sook ching) と呼ぶ。 日本でも「華僑粛清」というこ とがある。またシンガポール大検証などともいう。
1942年(昭和17年)2月15日に日本軍は、 イギリスの植民地であるシン ガポールを占領し、山下奉文責任指揮の下、
中国国民政府(蒋介石政権)ないし、これまでシンガポールを 植民地支 配下においていたイギリスなどの大日本帝国と対する 連合国側を支持し
ていた華僑ゲリラ 及び抗日分子を排除する挙に出たと される。
具体的には、日本軍は各所に検問所を設け、 18歳~50歳の成年男子を漏 れなく取り締まり、 以下に挙げられる者を好ましからざる分子として重点的に検証 をおこな ったうえ抗日分子を処刑したとされる。


日本軍及び日系住民に対しゲリラ活動をおこなった者
国民政府への財政援助に関わったないし実際に援助した者
東南アジアを拠点に抗日活動を続けていた陳嘉庚の支持者ないし関係者
レジスタンス関係者・支持者
イギリス植民地時代の公務員・法曹・立法会議員
黒社会など秘密組織や反社会的組織に関わっていた者
日中戦争以後に移民してきた者
海南省出身者(日本軍は多くの共産主義活動家が紛れ込んでいると見て いた)
取り締まりに抵抗した者や逃亡しようとした者

辻は粛清の各現場に一人で出かけ「シンガポールの人口を半分に減らすくらいの気持ちでやれ!」と
怒鳴り散らして命令していたという
(『蒋介石の密使 辻政信』渡辺望 祥伝社新書)

<講演> 98アジア・フォーラム横浜集会 1998.12.8 シンガポール 戦と華僑粛清 林 博史 マレー半島攻撃は第25軍(司令官:山下奉文中将)の担当で、
近衛 師団、広島で編成された第5師団、九州の久留米で編成された第18師 団の3師団によって編成
http://megalodon.jp/2013-0126-1928-14/www.geocities.jp/hhhirofumi/paper36.htm

「日本が戦争を起こし、虐殺をしたから原爆を落とされたのであり、 原 爆が落とされたからアジアは解放されたのだ」と異口同音に語っていま す。
そうした受けとめ方はマレーシアだけでなく、 シンガポールやインドネ シアなどでも見られるようです。
広島に原爆が投下される映像を見て、拍手喝采を送る人たちがいるとい うことは、日本人の感覚からは想像しがたいことです。
http://megalodon.jp/2013-0126-1929-37/www.geocities.jp/hhhirofumi/paper103.htm

、。


4 名無しさん@1周年 :2018/10/07(日) 13:15:54.14

【ライダイハン】「韓国政府に謝罪要求」 英国人が団体設立 韓国人によるベトナム女性への虐殺、強*、慰安婦・・・元英外相ら参加

■混血児問題で像制作

ベトナム戦争に派兵された韓国軍兵士がベトナム女性を性的暴行するなどして
「ライダイハン」と呼ばれる混血児が生まれた問題で「暴行の犠牲者になった人たちを救おう」と、
英国の民間団体「ライダイハンのための正義」が18日までに、正式に設立された。

団体の設立を呼びかけたのは、英国の市民活動家、ピーター・キャロル氏。
同氏は「ベトナムで韓国軍兵士の性的暴行に遭った女性たちが苛酷な人生を送っていることを多くの人たちに知ってほしい」と訴えた。

ロンドン市内で12日開かれた設立イベントにはブレア、ブラウン両政権下で司法相や外相などを務めた労働党の重鎮、ジャック・ストロー氏も参加。

同氏は基調講演の中で、「ベトナムで韓国兵が行った性的暴行は重大な人権問題だ。
被害女性が求めているのは賠償ではなく謝罪。韓国政府は女性たちに謝罪すべきだ。
人権重視の英国から被害実態を調査することを国際社会に求めたい」と述べた。

一方、同団体のメンバーで英国人フリージャーナリスト、シャロン・ヘンドリーさんは、ライダイハンを育てたというベトナム女性7人から被害実態を聞いた。
韓国兵は多くのベトナム女性に性的暴行を加えたり、慰安婦として強制的に慰安所で働かせていたりしたと指摘した。

その上で、ヘンドリーさんは「人間として恥ずべき行為がベトナムで行われた。国際社会が被害女性と子供たちを救うため立ち上がるべきだ」と話した。
事実関係究明のため、英国議会に調査委員会設置を求める考えも表明した。

同団体のメンバーで、設立イベントに参加した英国人彫刻家、
レベッカ・ホーキンスさんは被害女性とその子供たちのために制作した約40センチの「ライダイハン像」を披露。
同団体では等身大のライダイハン像を制作し、在ベトナム韓国大使館前などに設置し世論喚起することを検討している。

同団体によると、韓国の朴正煕(パク・チョンヒ)元大統領は延べ約30万人以上の韓国兵をベトナムに派兵。
韓国兵は13、14歳の少女を含む、多くのベトナム女性に対し性的暴行を行い、
その結果生まれたライダイハンは5千~3万人いるとされるが正確な人数は明らかでない。

ライダイハンの父親は、韓国兵のほか韓国の建設会社などから派遣された民間人や軍属の韓国人男性らだ。
1973年に結ばれたパリ和平協定による韓国軍撤退などで韓国人男性らは帰国し、ライダイハンは置き去りにされた。

75年にベトナム戦争が終結した後、南ベトナム政府の崩壊により、
共産党政権下でライダイハンは「敵国の子」として迫害され、差別されてきたという。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170919-00000055-san-kr

関連記事
混血児「ライダイハン」、自国兵士による性的暴行の事実が韓国社会に衝撃 ベトナム派兵、徐々に汚点
9/19(火) 7:55配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170919-00000070-san-kr

ライダイハン
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%80%E3%82%A4%E3%83%8F%E3%83%B3、、、、、、


5 名無しさん@1周年 :2018/10/07(日) 13:16:02.42

『偕行』編集部(執筆責任者 加登川幸太郎)

中国国民に深く詫びる

重ねて言う。一万三千人はもちろん、少なくとも三千人とは途方もなく大きな数である。

日本軍が「シロ」ではないのだと覚悟しつつも、この戦史の修史作業を始めてきたわれわれだが、この膨大な数字を前にしては暗然たらざるを得ない。戦場の実相がいかようであれ、戦場心理がどうであろうが、この大量の不法処理には弁解の言葉はない。

旧日本軍の縁につながる者として、中国人民に深く詫びるしかない。まことに相すまぬ、むごいことであった。

(出典 img.atwikiimg.com)


偕行社
http://www.kaikosha.or.jp/kaikosya-gaiyo/gaiyou.html

30年前に南京戦のころ尉官佐官だった旧陸軍将校が総力を結集して調査したら、虐殺はあったと認めてるんだ。


6 名無しさん@1周年 :2018/10/07(日) 13:16:12.01

南京大虐殺。


(出典 i.imgur.com)

若い中尉が伝家の宝刀で試し斬りをしたいと言ってたとある。


(出典 i.imgur.com)

軍事行動として便衣兵を*ために白人の中にも被害は出て。
便衣兵を*ために白人も巻き込んで*たとある。

以下その他証拠。(旧陸軍士官出身者による親睦団体“偕行社(かいこうしゃ)”によって、
元南京戦従軍者から聞き取り調査を行い機関紙に掲載されたもの)
http://www.history.gr.jp/~nanking/books_shougen_kaikosha.html
http://www.history.gr.jp/~nanking/sougen_nanking01.pdf
http://www.history.gr.jp/~nanking/sougen_nanking02.pdf
http://www.history.gr.jp/~nanking/sougen_nanking03.pdf
http://www.history.gr.jp/~nanking/sougen_nanking04.pdf
http://www.history.gr.jp/~nanking/sougen_nanking05.pdf
http://www.history.gr.jp/~nanking/sougen_nanking06.pdf
http://www.history.gr.jp/~nanking/sougen_nanking07.pdf
http://www.history.gr.jp/~nanking/sougen_nanking08.pdf
http://www.history.gr.jp/~nanking/sougen_nanking09.pdf
http://www.history.gr.jp/~nanking/sougen_nanking10.pdf
http://www.history.gr.jp/~nanking/sougen_nanking11.pdf


7 名無しさん@1周年 :2018/10/07(日) 13:16:21.54

「偕行社」(旧陸軍士官の親睦団体)発行の『南京戦史』という本は当時現地にいた将校の証言をまとめたもので、
民間人の殺害や女性への性暴力などについて詳しく語られています。

「南京事件」が捏造だとすると元将校が集団で日本にとって不名誉な偽証をしていることになりますが、
果たしてそういうことはありえるのでしょうか。
大きな図書館などには置いてあると思うのでぜひご一読ください。

http://www.history.gr.jp/~nanking/books_shougen_kaikosha.html
http://www.history.gr.jp/~nanking/sougen_nanking01.pdf
http://www.history.gr.jp/~nanking/sougen_nanking02.pdf
http://www.history.gr.jp/~nanking/sougen_nanking03.pdf
http://www.history.gr.jp/~nanking/sougen_nanking04.pdf
http://www.history.gr.jp/~nanking/sougen_nanking05.pdf
http://www.history.gr.jp/~nanking/sougen_nanking06.pdf
http://www.history.gr.jp/~nanking/sougen_nanking07.pdf
http://www.history.gr.jp/~nanking/sougen_nanking08.pdf
http://www.history.gr.jp/~nanking/sougen_nanking09.pdf
http://www.history.gr.jp/~nanking/sougen_nanking10.pdf
http://www.history.gr.jp/~nanking/sougen_nanking11.pdf

(出典 i.imgur.com)



8 名無しさん@1周年 :2018/10/07(日) 13:16:28.99

■併合時の日本政府から朝鮮総督府への通達  

一、朝鮮人は対等の関係を結ぶという概念がないので、常に我々が優越する立場であることを認識させるよう心がけること。
一、朝鮮人には絶対に謝罪してはいけない。勝利と誤認し居丈高になる気質があり、後日に至るまで金品を強請さるの他、惨禍を招く原因となる。
一、朝鮮人は恩義に感じるということがないため、恩は掛け捨てと思い情を移さぬこと。
一、朝鮮人は裕福温厚なる態度を示してはならない。与し易しと思い強盗詐欺を企てる習癖がある。
一、朝鮮人は所有の概念について著しく無知であり理解せず、金品等他者の私物を無断借用し返却せざること多し。殊に日本人を相手とせる窃盗を英雄的行為と考える向きあり、重々注意せよ。
一、朝鮮人は虚言を弄する習癖があるので絶対に信用せぬこと。公に証言させる場合は必ず証拠を提示させること。
一、朝鮮人と商取引を行う際には正当なる取引はまず成立せぬことを覚悟すべし。
一、朝鮮人は盗癖があるので金品貴重品は決して管理させてはいけない。
一、朝鮮人には日常的に叱責し決して賞賛せぬこと。
一、朝鮮人を叱責する際は証拠を提示し、怒声大音声をもって喝破せよ。
一、朝鮮人は正当なる措置であっても利害を損ねた場合、恨みに思い後日徒党を組み復讐争議する習癖があるので、最寄の官公署特に警察司法との密接なる関係を示し威嚇すること。
一、朝鮮人とは会見する場合相手方より大人数で臨む事。
一、朝鮮人との争議に際しては弁護士等権威ある称号を詐称せる者を同道せる場合がある。権威称号を称する同道者については関係各所への身元照会を徹底すべし。
一、朝鮮人は不当争議に屈せぬ場合、しばしば類縁にまで暴行を働くので関係する折には親類知人に至るまで注意を徹底させること。特に婦女子の身辺貞操には注意せよ。
一、朝鮮人の差別、歴史認識等の暴言せぬ場合、しばしば類縁にまで暴行を働くので関係する折には親類知人に至るまで注意を徹底させること。特に婦女子の身辺貞操には注意せよ。
一、朝鮮人の差別、歴史認識等の暴言に決して怯まぬこと。証拠を挙げ大音声で論破し、沈黙せしめよ。
一、朝鮮人との係争中は戸締りを厳重にすべし。仲間を語らい暴行殺害を企てている場合が大半であるので、呼出には決して応じてはならない。

http://ameblo.jp/chanu1/entry-10874893520.html、、、


9 名無しさん@1周年 :2018/10/07(日) 13:16:50.18

そもそも、日本会議って勝共連合、統一教会のフロントでしょ?

なんでまたネトウヨは、そんなものを愛国保守扱いしてんの????


10 名無しさん@1周年 :2018/10/07(日) 13:17:06.21

朴 槿恵大統領の父親は、
日本軍満州の軍人で朴 正煕(日本名:高木正雄)


http://s.ameblo.jp/rinsoujo/image-11428537237-12553367408.html


11 名無しさん@1周年 :2018/10/07(日) 13:17:12.85

自民党のネガキャンがんばってんなあ


12 名無しさん@1周年 :2018/10/07(日) 13:17:54.64

正論かな


13 名無しさん@1周年 :2018/10/07(日) 13:18:08.50

コイツは南京事件に何かされたのかね?


14 名無しさん@1周年 :2018/10/07(日) 13:18:09.68

この件って既に二国間で手打ちになってる話だろ。

蒸し返すと、日本にデメリットしかないんだぞ。

何を考えている?


19 名無しさん@1周年 :2018/10/07(日) 13:18:54.33

>>14
統一教会からの指示でしょ


31 名無しさん@1周年 :2018/10/07(日) 13:19:55.81

>>14
安倍がキンペーに会いに行く直前にこれだからな
完全に安倍外交の邪魔してるようにしか見えない


17 名無しさん@1周年 :2018/10/07(日) 13:18:50.75

南京事件に親を*れたとか?


20 名無しさん@1周年 :2018/10/07(日) 13:19:05.36

別にいいんじゃね?
思い切り言いたいことを言わせておくのも
大人の階段登るための通過儀礼みたいなものだし
今の日本人はみんなこんな感じのが増えてるんだろ?
だったらこのままやらせておけばいい

その結果どんな反応が返ってくるか
それも自己責任だからおれは関係ないから逃げるね
まあ、おまえら好きにやれよ


40 名無しさん@1周年 :2018/10/07(日) 13:20:33.24

>>20
自民党議員のくせに言いたいことがあるなら信者の前じゃなく日本国民の前で言ってもらわないとね


21 名無しさん@1周年 :2018/10/07(日) 13:19:07.50

杉田が一番日本人を貶めているよな
反日活動工作員やろ


22 名無しさん@1周年 :2018/10/07(日) 13:19:13.60

旭日旗の問題見てりゃシナチョンの言ってる難癖なんて捏造ばかりだとわかる


23 名無しさん@1周年 :2018/10/07(日) 13:19:19.31

「南京事件」連呼して南京のイメージをソフトにしようと頑張ってる人達がいるよね
虐殺は虐殺なのに


24 名無しさん@1周年 :2018/10/07(日) 13:19:31.67

描きこむと売名に一役買うだけだな
*女の気持ち悪い売名行為に付き合うほどヒマじゃないけど
ホントにもう政治の体をなしてないな
もうちょっと政治学科を卒業しないと政治家になれないとか
ちゃんとした職能軍団を育てろよ


25 名無しさん@1周年 :2018/10/07(日) 13:19:33.01

バカサヨ杉田さんにイライラすんなよw


38 名無しさん@1周年 :2018/10/07(日) 13:20:30.03

>>25
嘲笑されてるだけだぞw


26 名無しさん@1周年 :2018/10/07(日) 13:19:36.48

反日勢力にエサをあたえるなよ


27 名無しさん@1周年 :2018/10/07(日) 13:19:37.66

中国史から見た「南京大虐殺」は、実に凄まじいもので、東晋時代の王敦によるもの以来、南京大虐殺は王朝交代や内訌、内乱のたびに発生し、
多くの城民が*れてきた。就中、南朝時代の宋のときは、皇族間の*合いだったため、皇族一族は断絶した。
梁の時代の候景による南京大虐殺は史上最多の死者を出し、日本軍の「百万虐殺」説は、これのコピーではないかとも思われる。
南朝の中で、官軍王僧弁軍の南京への逆襲やら、隋の陳王朝攻滅の大虐殺も有名だ。隋以降、南京城は一事廃城にもなった。
 その後も「南京大虐殺」は続き、十九世紀にも、太平天国の乱における曹国センの大虐殺、二十世紀に入ってからは、
辛亥革命直後に張勲による大虐殺が起こった。曹国センの大虐殺当時、天京(南京)から財宝を搬出する車列は延々三ヶ月間も続いたと
、趙烈文の『能静居士日記』に記録されている。
 このように「南京大虐殺」は、中国で騒乱があるたびに欠かせない、いわば中国史の恒例行事のようなもので、もちろん大虐殺は、南京だけにとどまらず、
長安、洛陽、開封、北京、揚州といった都市でも、歴代王朝の交替、変動のたびに行われていることは、『史記』をはじめとする「二十五史」など、
この国の正史がはっきりと記録するところだ。
 つまり中国の史例をモデルに創作されたのが、日本軍による「南京大虐殺」であるというのが、私が中国史研究を通じて得た結論である。
 もちろんこれまで上梓された、優れた「南京大虐殺研究」からも、少なからざる教えを受けてきたが、今回私は松尾一郎氏の『プロパガンダ戦「南京事件」』のゲラを読み、
これが真相の解明に対し、実に多くの示唆に富む研究成果であることを知った。またことにニセ写真の分析に精力的に取り組むなど、事件究明の上で実に核心をついている。
 本書の上梓によって「南京大虐殺」の嘘の解明がさらに進むことを期待するとともに、これがより多くの人に読まれ、歴史の真実が広く伝えられることを願ってやまない。
プロパガンダ戦「南京事件」 秘録写真で見る「南京大虐殺」の真実
平成十六年一月二十一日 光人社
132 :中華人肉共和国:2013/02/02(土) 17:37:13.32 .net
中国4000年の伝統「人肉料理」!
儒教の孔子様は、人肉の塩漬けが大好物だったけど
可愛がっていた弟子が*れて、塩漬けにされて
孔子の家に届けられてから、食べるのをやめたんだって!

文化大革命、紅衛兵たちは「人民の敵」を食べ、伝統を引き継いだ。
  鄭羲 著「食人宴席」より
武宣県の中学では・・・
黄副校長の人肉は、人間の教育と人材を育成する場所で、
すっかり削ぎ取って持ち去られ、最後は人骨しか残らなかったという。

1968年7月・・・陳は最初、腹を裂き、肝を取り出すことができなかった。
どういうふうに手を下せばよいかを知らなかったのだが、そのとき、
一人の年寄りが彼に人肉と肝を切り取る要領を教えたという。
腹部に向かって『人』の字をの形で霧、足で力強く下腹部を踏めば、
心臓と肝臓がすぐとび出て来るということを教えたのだった。
つまり、これは、腹を裂き、
心臓をえぐり取る技術がすでに存在していたことがわかる。」・・・p80


28 名無しさん@1周年 :2018/10/07(日) 13:19:40.62

目覚めよいうても戦前からずっと無能じゃん


30 名無しさん@1周年 :2018/10/07(日) 13:19:52.62

例の件の良し悪しは別にして、この人ほとぼりが冷めるまで、おとなしくするとか静かにしているって感覚が無いんだね
大いに暴れてくださいw


32 名無しさん@1周年 :2018/10/07(日) 13:19:58.15

保守が本当に劣化したよな


33 名無しさん@1周年 :2018/10/07(日) 13:20:06.29

南京事件はあったよ。つーか、南京を占領したことが南京事件なんだから
大虐殺はなかった、捕虜の処断はあった。
これが定説だろJK


34 名無しさん@1周年 :2018/10/07(日) 13:20:13.22

一切裏付け取材をしなかった本多勝一記者

本多勝一氏は1971年6月から四〇日間かけて中国を取材し、その衝撃のルポルタージュ「中国の旅」は朝日新聞紙面で連載されたほか、
「中国の日本軍」「南京への道」などとともにシリーズで単行本化され、長らく「南京大虐殺」説の根拠とされてきました。

しかし本多氏のこの時の取材は実にいい加減なものでした。中国共産党が用意した証人の証言をただ聞き書きしただけで、
一切裏付け取材を行っていなかったことを、本多氏自身も後に著書の中で認めています。

また、「中国の旅」の記事で「日本人による虐殺があった」と紹介された炭鉱に勤めていた日本人が、記事は事実と著しく異なると本多記者に抗議の手紙を送ったところ、
本多氏からは「私は中国側の言うのをそのまま代弁しただけですから、抗議をするのであれば中国側に直接やっていただけませんでしょうか。」という、無責任な回答が返ってきました(※下写真参照)。

http://japan-plus.net/182/
 
南京大虐殺も従軍慰安婦捏造記事事件と全く同じ構図
事実の検証が一切なされていない証言が事実として朝日新聞に拡散され事実にすり替わった
中国共産党の自作自演を元ネタにしてまたしても意図的に日本を貶めようとした朝日新聞によって事実を大きく捻じ曲げられただけだった


35 名無しさん@1周年 :2018/10/07(日) 13:20:14.19

昭和41年9月に岸信介元首相の名代として5名の日本人台湾使節団が訪台し、蒋介石と面談している。そして面談の最、その5名の中の一人である田中正明氏が松井大将の秘書であったことを思い出した蒋介石は、田中氏の手を堅く握り締めて涙を流しながら
「南京に虐殺などなかった。松井閣下にはまことに申し訳ないことをした」
と告白している。この蒋介石の涙の謝罪は、日本人訪台団、通訳、蒋介石の側近らが全員耳にした歴然なる事実であり、南京事件なるものは一切存在しなかったことを当事者が認めた貴重な証言である(72頁)。
『日本人の知らない「二つのアメリカ」の世界戦略』深田匠著 高木書房
124 :名無的発言者:2013/01/17(木) 20:27:38.20 .net
>>59南京捏造事件(朝日新聞記者)崩れた最初の砦
 撤去された3枚の1枚は、南京攻略戦の前に撮られ、「アサヒグラフ」(1937年11月10日号)に掲載された写真で、農作業を終えたあと、兵士に守られて帰宅する女性や子供が写っている。
これを中国側は旧日本軍が女性らを連行する場面と紹介し、「農村婦女は連れ去られ陵辱、輪*、銃*れた」と説明していた。この写真は戦後、朝日新聞記者、本多勝一氏の著した『中国の日本軍』や
中国系米国人作家のアイリス・チャン氏の著書『ザ・・オブ・南京』でも、残虐行為と関連づけて紹介されるなど、国内外で繰り返し誤用されてきたことで知られる。
 また、幼児たちの写真は、朝鮮現代史の学術書に掲載されたもので、匪賊(盗賊集団)に*れた朝鮮の子供たちの遺体。赤ん坊の写真は米誌「ライフ」に掲載された報道写真で、撮影地は上海。いずれも南京の旧日本軍とは関係ないが、
愛国主義教育の“模範基地”と指定される同館は「悲惨な史実」と紹介してきた。
中国において捏造とか歪曲とかいう言葉はあまり意味を持ちません。それが中国共産党にとって都合がよければ、事実はどうであれ中国共産党の主張が真実とされます。
つまり、中国にとっては捏造であるとかそんなことはどうでも良いのです。
125 :名無的発言者:2013/01/17(木) 20:50:53.89 .net
鳩山と言う*を他国に出すな  【政治】 鳩山元首相 「南京大虐殺、日本人として責任負わねば。心からお詫び」…南京虐殺記念館で謝罪。植樹や「鳩山友紀夫」署名も★2


36 名無しさん@1周年 :2018/10/07(日) 13:20:17.02

生産性がない独身子無しのネトウヨに媚びを売るババアw


37 名無しさん@1周年 :2018/10/07(日) 13:20:21.87

ウヨは人*大好きなんだから
堂々と認めればいいやん


41 名無しさん@1周年 :2018/10/07(日) 13:20:40.56

稲田にしてもそうだけど、そこそこ早稲田かなんか出て
弁護士資格もってるようなのが
どうしてあそこまで低脳っぽいのか
ちょっと理解できない


52 名無しさん@1周年 :2018/10/07(日) 13:21:41.99

>>41
裏口入学なんでは


53 名無しさん@1周年 :2018/10/07(日) 13:21:52.90

>>41
オウムにも医師も弁護士もいた模様
ましてや二世三世


42 名無しさん@1周年 :2018/10/07(日) 13:20:48.82

南京事件Ⅱ|NNNドキュメント|日本テレビ
youtube.com/watch?v=S9LUdL4ud6M


44 名無しさん@1周年 :2018/10/07(日) 13:20:53.27

1966/9 昭和41年私は総統に敬礼してから、「私はかつて閣下にお目にかかったことがございます」と申し上げた。
 「いつか。」と聞かれるので「36年(昭和11)の3月、松井石根閣下にお伴して、南京で・・・・」と申し上げた。
 松井大将の名を聞くや、蒋介石の顔色が見る見る変わった。
 ふるえ声で――「松井閣下には、申し訳なきことを致しました・・・・・」と私の手を堅く握りしめて、むせぶように言われ、眼を赤くして涙ぐまれた。
 私は驚いた。一同も蒋総統のこの異様な態度に驚いた。
 周知の通り南京戦の直後、蒋は漢口にいてしきりに対日抗戦の声明文を発表したが、〈虐殺事件〉など一言も触れていない。何応欽軍司令官の『軍事報告書』の中にも一行もない。それを東京裁判は、松井大将の責任で20万余を虐*たと判決して、絞首刑に処したのである。
 あれほど支那を愛し、孫文の革命を助け、孫文の大アジア主義の思想を遵奉(じゅんほう)したばかりか、留学生当時から自分(蒋介石)を庇護し、面倒を見て下さった松井閣下に対して何らむくいることも出来ず、ありもせぬ「南京虐殺」の冤罪(えんざい)で刑死せしめた。
悔恨の情が、いちどに吹きあげたものと思われる。
 蒋介石は私の手を2度、3度強く握って離さず、目を真っ赤にして面(おも)を伏せた。
 周知の通り、蒋はカイロ会議以降連合国首脳会議から除外されて、発言権を失った。代わってスターリンがのさばり、中立条約を破って満州、南樺太に進攻し、北方四島の侵略まで果たした。
 蒋は東京裁判関係からも除外され、派遣した梅判事はすでに共産党にくらがえしており、南京事件に対して何らの発言も出来なかったのである。
 蒋介石は88歳でこの世を去るまで、松井大将の冥福を祈ったと聞く
120 :名無的発言者:2013/01/17(木) 19:41:57.80 .net
・在日中国人女性 鳴霞さん(近畿福祉大学講師)の「親日の告白」(SAPIO)5/25号)
 「未だ法治国家になれない中国には、言論の自由もなく、民主主義国家におけるさまざまな権利を認められた国民も存在しません。教科書新聞、ネット、テレビなどすべての媒体は共産党政府が一元管理しています。
 また、少なくと1億人以上(中国政府発表)の字が読めない人や一般人民が日本の歴史教科書や靖国神社の実態を知るわけがありません
当時私は朝日新聞と読売新聞を併読していました。ところが、1984年頃から朝日新聞が「南京大虐殺」を旧日本軍がやったと大々的に報道することに違和感を持ち朝日の購読をやめました。
なぜなら、中国で「南京大虐殺」は教科書でもメディアでも見聞したことがなかったからです。
 来日して「南京事件」についての論争があることを知り、知人から『南京事件日本人48人の証言』(阿羅健一著)を薦められて読んで、
当時の南京で「虐殺」は起こりうる状況でなかったことを知りました。また、「南京大虐殺」の教典とされていた英紙マンチェスター・ガーディアンの中国特派員ティンパーリの『戦争とは何か』(1938年)が
、国民党の宣伝文書であったたことが国民党の公式史料で判明したことなどで、
私は「南京大虐殺」の嘘を知りました。
 かつて私は中学の歴史教科書で、「毛沢東軍(八路軍)は国民党軍を30万人殲滅した」と教えられました。


45 名無しさん@1周年 :2018/10/07(日) 13:21:00.34

ビンボー軍隊が陛下から戴いたダイジなダイジな弾を支那人虐殺なんてくだらねーことに使えるわけがねーだろ


46 旭日旗で国民は人肉を思い出す。 :2018/10/07(日) 13:21:02.75

杉田水脈(衆比中国)「外務省目覚めよ! 南京事件はなかった」「反日の人たちがホントに手強い」

食ったが南京はなかったらしい。http://www.geocities.jp/yu77799/worldwar2/Philippines3.html

https://blogs.yahoo.co.jp/pongisayoku/27159702.html
日本国民は旭日旗の掲揚を許さない。
仮令、韓国人が旭日旗の掲揚を許しても我われ日本人は許さない。
日本帝国陸軍を先導した軍旗旭日旗には人肉食の忌まわしい歴史が染み付いている。
国民は断固拒否する。
旭日旗を掲揚することは日本国民を愚弄する恥知らずな行為だ。
http://www.geocities.jp/yu77799/worldwar2/Philippines3.html
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik11/2012-03-19/2012031915_01_1.html

旭日旗は仲間の人肉さえ食い散らかした皇軍の侵略と残虐を象徴する大日本帝国陸軍の軍旗である。
https://blogs.yahoo.co.jp/pongisayoku/27435255.html
http://d.hatena.ne.jp/s_makoto/20050807/1123415240


47 名無しさん@1周年 :2018/10/07(日) 13:21:06.48

これは国際問題になるわ


58 名無しさん@1周年 :2018/10/07(日) 13:22:22.05

>>47
なるわけねえだろw
誰が杉田みたいな構ってちゃん構うんだよ?
構ってやれるのはここ5ちゃんぐらいなものだw


50 名無しさん@1周年 :2018/10/07(日) 13:21:34.56

バカは単純に保守系や自民党のイメージダウン
さっさと切り捨てろよ


51 名無しさん@1周年 :2018/10/07(日) 13:21:36.69

2011年08月22日01:00 中国人「毛沢東が日本の侵略に感謝したのは本当?」 中国の反応カテゴリ歴史中国の反応
http://blog.livedoor.jp/panda_translator/archives/51882121.html
「毛沢東外交文選」には、毛沢東が日本人に対して何度も「日本の侵略に感謝します」という類の話をしたと書かれている。

1961年、毛沢東が日本社会党の議員である黒田寿男らと会談した際の話である。「日本の皇軍は、かつて中国の半分以上を占領し、そのお陰で中国人民は学校で教育を受ける事が出来た。
もし、日本の侵略がなければ、恐らく我々(共産党)は未だ山の中に潜伏したままであり、北京で京劇(中国の伝統的な戯曲)を鑑賞する事は出来なかっただろう。日本の皇軍が中国の半分以上を占領した事で、
我々は抗日を指示する地域を確立し、後の解放戦争に勝利するための基盤を築き上げる事が出来た。日本の資本と軍閥は我々にとって”良い事”をしてくれたわけであり、
もし感謝をしなければならないのであれば、私はここにおいて日本皇軍の中国侵略に感謝したいと思う。」

1956年、毛沢東が訪中してきた旧日本陸軍中将の遠藤三郎と会談をした際の話しである。「あなた方は我々にとって先生であり、我々はあなた方に感謝する。あなた方がこの戦争をし、
中国人民を教育してくれた事で、今まで統一感の無かった中国人民の群集が団結できたのだ。それ故、我々はあなた方に感謝すべきなのだ」。
同年、日本の日中輸出入組合理事長の南郷三郎と会談した際にも、毛沢東は同様の話をしたのであった。
113 :名無的発言者:2012/12/15(土) 08:07:34.18 .net
毛沢東は、訪中した日本の政治家が過去の侵略について謝罪
すると、「いや、日本軍閥にむしろ感謝したいくらいですよ」、
彼らが中国を広く占領していなかったら、「われわれは現在も
まだ山の中にいたでしょう」と述べた。[1,p346]

 中国共産党(中共)軍は1936年(昭和11)10月に、国民政
府軍に追われて1万キロ以上も敗走し、ようやく中国西北部・
黄土高原の延安に逃げ込んだ。「長征」と美化するが、実態は
大敗走である。「山の中」とは、この延安の事だろう。日本軍
が侵入して来なかったら、中共軍は圧倒的な国民政府軍の攻勢に、
延安に閉じこもる山賊程度の存在に過ぎなかったろう。

 もっとも毛沢東のこの言葉には、日本への素直な感謝という
より、「してやったり」という自慢が多分に含まれていると感
ずる。日本を日中戦争に引きずりこみ、蒋介石の国民政府軍と
戦わせて「漁夫の利」を得る、というシナリオを書いたのはソ
連のスターリンだったが、それを主役として演じたのが毛沢東
であった。この実績と、党内の競争相手を冷酷な手段で次々に
蹴落としていったことで、毛沢東は中国共産党主席の地位を獲
得したのである。最近のベストセラー『マオ』には、その過程
が活写されている。[1]


54 名無しさん@1周年 :2018/10/07(日) 13:21:58.13

南京大虐殺が実際にあったかなかったかは関係ない
あったということになっているから、政治家はそれを利用して色々利益を得られる
ただそれだけのことに過ぎない
過去とは利用価値によって改ざんされるもの
真実なんてどうでもいいわけだ


56 名無しさん@1周年 :2018/10/07(日) 13:22:06.69

一切裏付け取材をしなかった本多勝一記者

本多勝一氏は1971年6月から四〇日間かけて中国を取材し、その衝撃のルポルタージュ「中国の旅」は朝日新聞紙面で連載されたほか、
「中国の日本軍」「南京への道」などとともにシリーズで単行本化され、長らく「南京大虐殺」説の根拠とされてきました。

しかし本多氏のこの時の取材は実にいい加減なものでした。中国共産党が用意した証人の証言をただ聞き書きしただけで、
一切裏付け取材を行っていなかったことを、本多氏自身も後に著書の中で認めています。

また、「中国の旅」の記事で「日本人による虐殺があった」と紹介された炭鉱に勤めていた日本人が、記事は事実と著しく異なると本多記者に抗議の手紙を送ったところ、
本多氏からは「私は中国側の言うのをそのまま代弁しただけですから、抗議をするのであれば中国側に直接やっていただけませんでしょうか。」という、無責任な回答が返ってきました(※下写真参照)。
 
http://japan-plus.net/182/

南京大虐殺も従軍慰安婦捏造記事事件と全く同じ構図
事実の検証が一切なされていない証言が事実として朝日新聞に拡散され事実にすり替わった
中国共産党の自作自演を元ネタにしてまたしても意図的に日本を貶めようとした朝日新聞によって事実を大きく捻じ曲げられただけだった


59 名無しさん@1周年 :2018/10/07(日) 13:22:24.94

一切裏付け取材をしなかった本多勝一記者

本多勝一氏は1971年6月から四〇日間かけて中国を取材し、その衝撃のルポルタージュ「中国の旅」は朝日新聞紙面で連載されたほか、
「中国の日本軍」「南京への道」などとともにシリーズで単行本化され、長らく「南京大虐殺」説の根拠とされてきました。

しかし本多氏のこの時の取材は実にいい加減なものでした。中国共産党が用意した証人の証言をただ聞き書きしただけで、
一切裏付け取材を行っていなかったことを、本多氏自身も後に著書の中で認めています。

また、「中国の旅」の記事で「日本人による虐殺があった」と紹介された炭鉱に勤めていた日本人が、記事は事実と著しく異なると本多記者に抗議の手紙を送ったところ、
本多氏からは「私は中国側の言うのをそのまま代弁しただけですから、抗議をするのであれば中国側に直接やっていただけませんでしょうか。」という、無責任な回答が返ってきました(※下写真参照)。

http://japan-plus.net/182/
 
南京大虐殺も従軍慰安婦捏造記事事件と全く同じ構図
事実の検証が一切なされていない証言が事実として朝日新聞に拡散され事実にすり替わった
中国共産党の自作自演を元ネタにしてまたしても意図的に日本を貶めようとした朝日新聞によって事実を大きく捻じ曲げられただけだった 


60 名無しさん@1周年 :2018/10/07(日) 13:22:34.41

「南京事件はなかった」というのは、櫻井先生が随分前にはっきり証明してるよね。
そもそも当時の大日本帝国陸軍は世界一軍記の厳しい軍隊で、市民虐殺どころか
軽く押したり叩いたりしただけでも兵士は逮捕、軍法会議で重い処罰が科せられる。
よって市民や捕虜の虐待もなかったと知られている。
陸軍自体も、兵に対して理不尽な暴力やしごきなどなかったクリーンな軍だったのは
世界的に有名だ。
稲田先生や水脈先生のような国際的に中道・平穏だが最優秀の政治家が、
やがては日本初の女性首相になるのだろう。
我々は全身全霊で応援せねば。




Amazon.co.jp 一般